読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょしゅをのぶろぐ

日常生活で気になったことを共有できればいいなと思っています!

しょしゅをの手帳の使い方

みなさん、こんにちは! しょしゅをです('ω')ノ

 

最近、本屋さんに行ったら流行ってますよね、手帳の使い方関連本。

ほぼ日手帳とかをデコレーションしたり、テーマに特化した手帳を使ってみたり、、、

 

 

見てて本当にきれいだし、センスのいい手帳かけたら楽しそうだなぁ~と思うのです。 

ただ、めんどくさがりのしょしゅをにはなかなか(;^ω^) 

 

そんな方も多いのではないかと思います。 

僕も、必要最低限でいいと思っているのです。 

そこで僕が友達に教えてもらって「いいやん!」 と思った使い方をご紹介します('ω')ノ

 

まず、ウィークリーしか使いません。

 

諸事情で手帳を変えたので、余っているページで説明します。 

 

左にウィークリー、右にフリーのスペースのある手帳をご用意ください。

ペイジェムウィークリーという商品です。 

 

左にはもちろん、予定を書きます。

間違えたり、予定が変わったら線で消してまた書く。

この手帳はそんなに欄が大きくないのですが、しょしゅをは困っていません。

ひと月とかふた月後の予定は、そのページまで飛んで書き込みましょう。

その週が来たら思い出します。 

 

 

プライベートと仕事(バイト)とかで色分けしてもいいかもしれませんが、僕は黒一色しか使いません。 

「この予定は赤で、あの予定は青で~」と考えるのが面倒だし、予定見たらプライベートか仕事か分かるからです。 (予定あんまり入らないので笑) 

 

で、右の欄にはtodo リスト

なんでもいいです。

やるべきこと、夢、習慣にしていきたいことなど、、、 

「これやろう! あれやらなきゃ!」と思いついたらすぐに書くようにしてください。  で、タスク完了したら印をつけましょう。 

 

で、ここがミソなんですが、その週のうちに終わらなかったタスクは来週のところに書き写してください。 

それを毎週やるんです。 そうすることで、やり忘れを防ぐことができます(*^^)v

 

余白には、気になった言葉や、思いついたアイデアを書くメモ欄です。

 

これで完成。 たくさんメモを取る人は、他にメモ帳を持たないといけないかもしれませんが、一週間のうちにメモる量が知れている人はこの余白で十分かと。 

 

やっぱりこの使い方のいいところは、一気に視界に入ってくる情報量が限られていることだと思います。 

マンスリーだと、30日分の情報が一気に目に飛び込んでくるのでしんどい。 

 

僕にとっては直近一週間の予定を常に把握できていれば十分なので脳への負担が減った気がします。 

 

もし、参考になればこの方法試してみてください!!

 

ほなまた('ω')ノ