読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょしゅをのぶろぐ

日常生活で気になったことを共有できればいいなと思っています!

英語以外の外国語を学習する意味

しょしゅをの独り言

皆さんこんにちは、しょしゅをです('ω')ノ

 

昨日、次の記事でシーシャの作り方を紹介しますと言っていたのですが、僕がエジプト留学中に書いたブログ「しょしゅをのエジプト留学奮闘記」の方にありましたので、そちらをご参照ください。 

 

egyptstudy.hatenablog.com

 

本日は、僕がアラビア語を勉強する理由について。

  

皆さんご存知の通り、世界にはたっくさんの言葉があります。 

言語によって話者数や語彙数、歴史の深さなどまちまちですが、言語に優劣はないというのが言語学の立場です。 

f:id:shoshu0902:20161026233224j:plain

 

しかし、英語とどこかの島の住人だけが話すショーシュヲ語(架空の言語です)のどちらを勉強しますか?と聞かれたら、多くの人が英語を選ぶでしょう。

 

なぜなら、英語の方がたくさんの人が話すし、それゆえに話す機会が多いからです。 英語は間違いなく国際言語で、学習の優先順位が一番高いのは間違いありません。

        f:id:shoshu0902:20161026233226j:plain

 

 

じゃあ、他の言語が全部なくなって、みんな英語を話せばいいじゃないか!! と思うかもしれません。 僕も高校生の時はみんな日本語話せば英語勉強しなくて済むのに!! と思ったもんです(笑)

 

でも、大学でアラビア語を勉強して思いました。 今まで新しい言葉を勉強するとその地域の文化がわかってすっごく楽しいんです! 

    f:id:shoshu0902:20161026233225j:plain

やはり、その地域の文化を残すためには専用の言語が不可欠です。 

だから、みんな英語じゃダメなんです!! 

 

アラビア語なんかはイスラム教と密接に関わる言語ですので、アラビア語を勉強するとイスラムのこともたくさん知れる。 日本人にとってまだまだ馴染みのないイスラム文化についてたくさん知ることができました。

 

やっぱり、ここに尽きると思うんですよね。 

 

たまに東南アジアの言語や中国語を勉強している人で、就活に有利だからという人いますが、それなら英語勉強するべきなんですよ(笑)

 

大学で学んだことを社会に生かす。 もちろん大事なことだし、僕もアラブと関わる仕事ができたらと願っています。 

でも、折角好きなことを勉強するチャンスなんだから(よく、働くと好きなことの勉強ができなくなると聞くので、今が最後のチャンスかも)自分の知的好奇心をつついて刺激しまくった方がいいと思うんですよね(^^)

 

僕は、9・11のテロが起きてはじめてイスラムという言葉を知りました。 はじめはひげのおっさん(ウサマ・ビン・ラーディンです)が呪文のような言葉を発していて怖いなぁ~と思いました。第一印象はそんなもんです。 

 

それから、イスラーム(إسلام)という言葉と繋がりのあるサラーム(سلام)という言葉が「平和」を意味する。と学校の先生から教えてもらって印象が変わりました。 それから、あの砂漠の民が気になりだしました。 

f:id:shoshu0902:20161026233227j:plain

 

今はアラビア語を勉強して本当によかったと思います。

 

世界にはいろんな言語があります。言語の分だけ文化があります。 

異文化に興味がある人なら、絶対心に響く、気になる文化があると思います。

 

興味があるなら、ショーシュヲ語やってもいいんです。絶対楽しい!

 

外国語の学習は、ハードルが高いと思うかもしれませんが、ちょっとしたフレーズを覚えてみるってだけでも楽しいと思います。 英語と違って、試験も点数もありません。  ショーシュヲ語で「ありがとう」はこう言うんだ~って学ぶだけで、親近感がわくし、もっと知りたいと思うようになると思います。 もうニヤニヤが止まりません。誰かに言いたくてウズウズしますよ!

 

ぜひ、知らない文化を知る楽しみを皆様にも味わっていただければ幸いです!

 

ほなまた('ω')ノ

 

f:id:shoshu0902:20161026233228j:plain